<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 7重跳び、世界初成功!! | main | 7重跳び関連のメディア出演 >>
8重跳びに向けて
7重跳び跳べたら、8重跳び目指したくなりますね!
ということで、まずは現状把握。

まず、単純に2つの要素に分けます!
1.ジャンプの滞空時間
2.一回旋当たりの回転時間



7重跳び挑戦時の実力ですが、
1.ジャンプの滞空時間
0.78秒

2.一回旋当たりの回転時間
0.121秒

単純に
0.121×7=0.847秒で、0.78秒を越えてしまいますが、これは、一回旋目の縄は跳んですぐに跳ぶからです。跳び始めて一本目の縄が通る時間は0.03秒。
よって、正しくは
0.03+0.121×6=0.756秒

8重跳びを達成するためには、
ジャンプの滞空時間と縄の回旋速度を上げる必要があります。

a.ジャンプの滞空時間を上げ、縄の回旋速度が0.121秒のままの場合
必要な滞空時間は、
0.03+0.121×7=0.877秒

これを実現するためには、垂直跳びを今の実力よりも少なくとも20cm以上向上させる必要があります。
今の実力の20%以上。。


b.ジャンプの滞空時間は0.78秒で、縄の回旋速度をあげる場合
〔0.78ー0.03〕÷7=0.107秒

0.121−0.107=0.014秒
よって、一回旋あたりの回転時間を0.014秒速くする必要があります。

今の実力の10%以上。。


a,bの結果と過去の経験より、 現実的に考えて、目指すところは、
滞空時間0.83秒

一回旋あたりの回転時間0.115秒


滞空時間を0.05秒アップ!
回転時間を0.006秒短縮!


ですかね。
こう見ると、8重跳びも現実的に可能ですね!


20代中に達成出来るよう、もう一踏ん張り頑張りまっす!!


滞空時間を上げるには、、、
回転時間を上げるには、、、
は、秘密ですー。
コメント